【グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場】千葉で竹林に囲まれてきた

竹林サイト最高 Camp

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場に1泊2日で行ってきました。

千葉県の外房方面にあり、近くにアクアラインと繋がっている高速道路が利用できます。
一般道は25分以内で都心からのアクセス良好です。

※車で移動中の写真をいくつか掲載していますが、全て助手席から撮影しています。

キャンプ場までの道のり

アクアラインからスタートです。
普通の土曜の午前中で車は多めでしたが、渋滞で停車するほどではなかったです。

アクアラインを通ったら必ず海ほたるに立ち寄ります。
千葉食材が売っているウミナカプラザでぶっかけ浜めしを購入です。
ご飯にのせ、醤油をたらして召し上がれ、です。

市原鶴舞ICで降りて最初のT字路を右折(国道297号線を勝浦方面へ)します。

297号線を18km(約25分)ほど道なりに進むと左に石材屋さんの看板とカエムたけのこ園があるので、その先すぐを左に入ります。写真の横断歩道の標識を左です。
ちなみに私達は通り過ぎてしまいUターンして戻りました。

ここからは細い道になります。
電柱に案内看板があり直進、左折どちらでもOKとのことで我々は直進します。

しばらく一本道を進むとT字路があります。
再び電柱に案内看板があり、受付は右折方向です。

舗装された道を進んでいくと、いよいよキャンプ場に到着です!
受付は看板のところを右折してすぐです。ワクワクしますね。

キャンプ場での過ごし方

センターハウスで受付を済ませます。
オーナーの方は評判とおりで、最近の賑わい状況を面白おかしく説明してくれました。
あと、入場前の体調チェックが独特です笑

センターハウスは手書きの案内と小道具が沢山置いてあり山に立てた秘密基地ってイメージです。
この日は薪(600円)を仕入れてあるとのことで1束購入です。

各サイトの特色を歩きながら説明してくれて、我々はプライベート感重視の竹林サイトを選択します。
オーナー曰くかぐや姫とは未だ遭遇してないとのこと。
他にはソロ向き、グルキャン向き、日当たり良好サイトなど様々あるようです。

今回はオガワのツールームテントのティエラ5-EXを立てます。
広々したサイトですが、ぬかるみや凸凹があるサイトなので大きめのテントだと注意が必要です。

設営が完了して、早速IPAとサワーで乾杯です。
ツマミはチーズ各種withレーズンと海ほたるで買った酒盗です。

最近、ブルーチーズにレーズンを乗せて食べるのにどハマり中です。
レーズンは成城石井の枝付きにしました。大きいし味もしっかりしています。

ドリンクはしばらくIPAが続きます。
KONA BREWINGのHanalei Island IPAが個人的最強です。
今回初挑戦の雷電カンヌキIPAはフルーティ感が若干物足りず。。

おつまみチーズをペロリと平らげて、お次はタークとスキレットでピザトーストを作ります。
昔はピザ生地から頑張って作ってましたが、食パンで充分美味しいです。
サラミとハラペーニョが活きるミックスピザで、リピート確定です。

続いては、ブルーチーズとはちみつとブラックペッパーのピザトースト。
この3つの組み合わせを考えた人は天才です。

17:00を過ぎて真っ暗です。トイレがてらセンターハウスを物色します。
やはり秘密基地感がハンパない。
炊事場は複数あり、利用した2箇所はお湯が出てこの時期助かります。

トイレで気になったこと2点。
7.この世とは思えないトンネルと、ツッコミ所満載のパネルです。
トイレ自体は清潔に保たれていました。

マイサイトに戻り、照明の点灯式です。
キャンプの本番スタートって感じでとても大事な瞬間です。
愛用のベアボーンズの3連ランタンが優しく照らしてくれます。

本日の主役、ミートガイのグラスフェッドビーフランプステーキの登場。
極厚なのでうまく焼けるか心配でしたが良い感じのレアに仕上がりました。
自家製のステーキソースとも相性◎。



俺の、、ではなく私のレモンサワー笑。
カインズで買ったヨーグルトのお酒は甘すぎないのが高評価です。炭酸割りが合います。

今回初挑戦のアイス。1発目はピノ。
カチンコチンにならない保冷剤を使っているため若干溶けてましたがそれが新食感◎。
口に入れると外側のチョコがパリッとした後、内側のアイスが口の中に一気に広がります。

水を汲みにセンターハウスへ。
入口の電飾がビカビカしてます。周囲のグループキャンパーは良い感じで賑やかです。
写真は撮れてませんが、満天の星で最高の気分です。

甘いものを食すと濃いものが欲しくなります。
〆はスキレットで簡単カレードリアです。サトウのご飯とアパのレトルトカレーで作ってます。
 

濃いもの食べると甘いものが・・・この無限ループは今日だけということで。
パリパリのサンドアイスですが、ふんわりに変わってましたがオススメです。

そろそろ、寝る準備です。冬キャンプの必需品の湯たんぽを温めます。
カンカンに温まった湯たんぽを寝袋に入れて就寝です。

朝です。ダラダラしながら朝食の準備をします。
タークで醤油焼きそばです。醤油ソースは事前に作った自家製です。
あ、海ほたるで買ったぶっかけ浜めしをかけるのを忘れた・・・。
しょうゆ焼きそば

続いて、少し前に流行ったカップヌードル炒飯です。
サトウのご飯が大盛りだったためか薄味でした。
と、そこでぶっかけ浜めしを投入し醤油をかけて頂く・・・Goodです。

食事を済ませて残念な瞬間・・・撤収です。
竹林サイトのメリットは多いですが、日当たりが悪いのでテントの乾きが悪かったです。
他の芝生のサイトは日当たり良好そうでした。

チェックアウト時にオーナーを見つけられず、挨拶できずに経ちました。
お礼とこの世とは思えないトンネルの件は次回にします。

キャンプ場まとめ

今回利用させてもらったサイトについてのまとめです。

項目コメント
サイト状況3広い、土で凸凹あり、水捌けは良くない
景観4展望サイトではないが竹林の雰囲気抜群
プライベート感5竹で囲われていて独立
Softbank電波2圏外〜1本
売店2なし、薪の販売あり
炊事場4複数箇所あり、温水あり
トイレ4男女兼用、広い、便座温かい、清潔
ゴミ処理4ゴミ袋もらえる、ゴミ捨てあり
コスパ3¥5,500/泊
特記4オーナーさんのキャラ最高

オーナーさんのキャラや竹林の囲まれる感覚は他では味わえません。
Softbankの電波や売店については事前把握できていれば大した問題ではないので、またお世話になりたいキャンプ場です。

チェックアウト後の周辺観光

まだまだ午前中なので寄り道して帰ります。
ターゲットは海中展望塔!
キャンプ場を出て国道297号に南下、国道128号を右折した方面です。

細かい道やトンネルを進み本当にここにあるのか?って不安になりましたが無事到着。
有料の駐車場に停めます。
都内か!ってくらい狭いのでちょっと注意です。
 

公園の入り口付近にあるレストラン三日月亭は、あのホテル三日月直営とのこと。
すれ違ったグループが三日月亭に吸い込まれていました。
我々は海中展望塔の入場を済ませます。

 

展望塔までは5分ほど歩きますが退屈しません。
サカナの像や謎の施設を楽しみながら進みます。
ちなみに謎の施設には人がいました。

展望塔まであと少しというところで海が一望できテンション上がります。

展望塔に入り螺旋階段96段を降ります。
ビビりましたが途中で休憩スペースがあるので安心です。

水深8mのゴールに到達すると小窓がいっぱいあり魚がいっぱいみれます。
常連と思われるおばさんが「こんなに魚見れたのはじめて」と言ってました。

魚達を鑑賞して96段を登り休憩して戻ります。
帰り道、イシダイさんが寂しそうにこちらをみています。
 

昼食の時間になり何を食べようか悩みます。
勝浦タンタンメンか海鮮か悩みながら勝浦市街へ向かいます。
直感でお食事処さわに決定。

それぞれ、おまかせ御膳と刺身・焼き魚セットを注文。
期待通り、新鮮なお魚をたくさん食べれて満足です。
昼飲みしているグループが楽しそうで、夜の宴会でも利用したいお店ですね。

今回も良いキャンプでした。

タイトルとURLをコピーしました